注文番号005 / 組曲センチメンタル

クリックで画像を表示
2018年新着、500円引き!
クリックで画像を表示
第1楽章音源
クリックで画像を表示
第2楽章音源

クリックで画像を表示
第3楽章音源
リコーダー 3重奏のための
「組曲 センチメンタル」A.T.B / T.T.B / A.T.B

ラベルやドビッシーを敬愛するという作者が、「印象派の音楽をこよなく愛する方々のために」と1998年に作曲した曲。タイトルがセンチメンタル(感傷的な)ですが、ドビッシー的な長調のセブンスコードの細かいリズムの上に展開されるテーマに感じる郷愁のみならず、陰鬱な第2楽章、明るい第3楽章と、人の心の機微が表現されています。第3楽章の最後に第1楽章のテーマが再び現れ、歓喜に満ちて曲は終わります。
第1楽章 「愛の日々」 アルト・テナー・バス。
第2楽章 「憂鬱な時」 テナー・テナー・バス。
第3楽章 「幸せなひととき」 アルト・テナー・バス。
音源の演奏は、Ensemble Dreiklang Berlin。

ドイツのオリジナル版に日本語訳を添付してお届けします。