注文番号008 / セレブレーション

クリックで画像を表示
ウェブ注文で500円引き!
クリックで画像を表示
参考:初演ライブ音源
リコーダー 12重奏のための
セレブレーション」 SnからCB

2004年5月29日、ユトレヒト・リコーダー・フェスティバルの閉幕コンサートでMalle Symen Quartet, Brisk Recorder Quartet Amsterdam, Amsterdam Loeki Stardust Quartet の3つのカルテット、12名によって初演されました。この頃の作品では最も大編成。ソプラニーノからコントラバスまで7種のリコーダーが、驚くほど豊かな音の対比と色彩を現します。
冒頭の4分の4拍子のテーマを基調に、様々なリズム、拍子、調、ハーモニーを探るように曲は静かに変化していきます。大河のイメージと祝祭の雰囲気の中に、大いなる希望、みなぎる活気、そして深い悲しみを通して、喜びの多彩な色合いが表現されています。
中間部の低音から高音へカノンのようにテーマが重なり、全パートが揃う部分が圧巻。
2016年ジーク初来日のコンサートで、開演前のお楽しみとしてプロの方々にプラセボのメンバーも交ぜていただき20数名で大合奏をした、思い出の作品。                                                                                                               

お問い合わせフォーム

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません